« 2006年10月14日 | トップページ | 2006年11月6日 »

2006年10月25日 (水)

無事退院しました。

18日水曜日。
朝9時半に病院入り。

病室やら病棟内のあれこれ案内され、ひとまず病室に落ち着き、息子に患者らしくパジャマに着替えさせるも、何をして良いのやらわからん。
何だかんだと暇つぶし、仕方なく売店で息子にテレビマガジンを買ってやり、中の付録の仮面ライダーカブトなりきりセットを喧嘩しながら作ってやる。
何とか完成して、息子は早速フル装着。
っと、手術の説明をしますとお呼び出しが・・。

息子、そのままフル装備で出かけた・・・。

Photo←こんな感じ。

い、良いのかい?

担当医師と他2名の医師。
私の横にフル装備で座る息子を前に、手術について説明。
みょ、妙に緊迫感に欠ける・・。
い、いかん・・こんな事では・・・っと思っていると、担当医師。

  『仮面ライダー・・・、何やったっけ?』っと聞くと

  『カブトやで!っとぉ!!やあぁ!』

っと、立ち上がってポーズ。
椅子の上に立って飛ぼうとするのを羽交い絞め。
全く入院の意味がわかってまへん。 あらまー

そんな入院生活の始まりでしたが、その後、前回もお世話になった小児病棟で再び絶叫の末、採血、点滴とされ、意気消沈かと思いきや、割と元気に初日は終了。

翌日の手術は12時半。
看護士さんと3人で手術室へ歩いて向かう。
っが、手術室に入ったとたん、マスクに青い服、手袋をしたたくさんの人に迎えられ、こ、これはただ事ではないと焦った息子・・・・

こわいーーーこわいーーー!! 涙

っと、泣き叫びながら麻酔医師に抱きかかえられ手術室へ入っていった。
その時ばかりは、私も胸が詰まる思いだったけれど、ぐぐっと我慢。
実は未だに、あの後どうしたのか聞けずにいる。

手術は1時間半ほどで終了。
終わりましたと聞き、即刻手術室へ向かった。
中に入ると、ベッドでのた打ち回って泣いている。
先生や看護士さんも手を付けられない位に泣いている。

麻酔からさめてすぐに、びっくりしたのと鼻が痛いのとで、恐怖がよみがえったようだ。
『おかあさん!!おかあさん!!!鼻痛い!!鼻痛いぃ!!』
っと言い続け、手を握ってお母さんここにいるよと言っても、手を握ったまま泣き叫び、そのまま病室へ。
私の父も『じじ、ここにいるで!』っと言ったものの、全く関係なく、お尻に痛み止めの座薬を入れられ、息子、『お尻、なに!?痛いぃ!!』っと叫んだものの、看護士さんに『これは痛ないで 看護士 っとツッコマレ、そのまま泣きながら寝てしまった。

ポリープは小指ぐらいと、かなり大きく、見せられて本当にびっくりした。
しかし、悪いものではないと言うことで、一安心。
息子の腫れた顔を眺めながら、頑張った頑張った!っと夜を明かした。

翌日は多少顔も腫れ気味、昨日じじもいたんだよと言ったが覚えていない様子。
熱が3日続き、あまり食欲は無いようだが、毎朝8時半の診察以外は元気に過ごす。
診察と言っても、ちょっと鼻の中を見て、鼻にシューシューっとし、ズルズルっと中の掃除するだけなのだが、息子はもうワシの鼻を触らんといてくれ!とばかりに泣き叫び、入院中の6B病棟8時半泣き叫び声響き渡りは恒例となってしまった・・・・・。

そして日曜日、いよいよ切った所に詰めた脱脂綿抜き。
いつもの座っての羽交い絞め状態の息子の鼻の奥から、ズルズルズルと長い脱脂綿が抜かれた時には、私もひえーーー!ショックっとなったが、その後熱も徐々に下がり、息子も鼻がスースーするのでみるみる元気に。

息子は元来おしゃべりである。
そして、声がでかい
でも、病室ってとても静か・・・。
ワシはひやひやである。

昼間は、夜の補助ベッドの寝苦しさに、息子が遊んでいる傍らで、息子のベッドでうつらうつら・・。
病院ってとにかく眠くなる。
眠れる環境にあるわけだ。
い、いや、言い訳では無いわけで・・・。
いったいどっちが病人なのかわからない。
しかも静かな病室においてのオナラも厳禁である。
きびしぃ! あらまー

息子は元気になって退屈 う~ん
病院の中をうろうろしたり、あれしようこれしようっと忙しい。
ナースセンターを覘いて、変なポーズをして笑わせようとしたり ごきげん
隣のベッドのおばあちゃんが具合が悪く、カーテンが引かれて寝ていても

覘いて『何してんのぉ?大笑いとむやみやたらに話しかける・・。

あぁ・・・(スティッチ) 息子が元気になるにつれ、
    私の疲労は増していったのである・・・・。

いよいよ退院の火曜日。
朝から嬉しくてコロコロ笑う息子。
廊下をスキップしている。
歩くのもぴょんぴょんだ。
嬉しくて嬉しくてたまらん!っと体中から発している。

子供って本当に素直だなー。
妙に感心。

その夜はお刺身で乾杯。
息子も恐ろしく食べた。
そう言えば私も息子の入院で、1週間もお酒を呑んでいなかった事に気づいた・・。
そう言えば、いつからかチョイ飲みだが、一日たりとも抜いたことが無かった。
思わぬ肝臓休暇。
息子に感謝。

そしてその日息子は一日中はしゃぎまくり、夜、電池が切れたように、パタッと寝てしまった。

入院している間の看護士さんの働きぶりに驚き、まさしく24時間体制で患者さんのケアをするのに驚いた。
本当にありがとうございましたと言いたい。

いろんな検査を含め、一週間の入院で息子の入院代はなんと、12000円ちょい。
日本の福祉体制に、今更ながら有難く感じた。
韓国だったら恐ろしい金額になってただろうなぁ・・。
韓国も、せめて子供の医療費控除の政策は早急に進めてほしいと切に願う。

何はともあれ無事終わった!
心配したポリープも悪性ではなく、全身麻酔の後遺症も無く本当に良かった。
息子がすーすーっと気持ち良さそうな寝顔を見ると、本当に嬉しく、いまだに涙が出そうである。

息子、頑張った! ナンバー1リボン頑張ったぞ!!

追記:たくさんの励ましのコメント、本当にありがとうございました! 花束とハート



| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年10月14日 | トップページ | 2006年11月6日 »